CBOのスケッチブック

素敵な絵をお届けします

Think Like a Freak

f:id:CBO58:20190220054915j:image

 邦訳版は「ゼロベース思考」(ダイヤモンド社)です。問題解決に役立てるというよりは、楽しい読み物として読みました。表紙がホットドックなのは、ホットドック早食いチャンピオンのことが出てくるからでしょう。このチャンピオンは日本人です。

 こうした本が売れるということは、誰しも、他とは違うやり方で物事を上手に考えたいと望んでいるのでしょうね。始めのほうで、バーナード・ショーという人の言葉を紹介しています。曰く、普通の人は年に2〜3回考えれば良い方だろうが、私は週に1〜2回考えることで名声を得たのだ、と。そして読者に、われわれもショーに見習って、週に1〜2回は考えましょうと言います。

 考えるとはいっても、どのように考えれば良いのでしょうか。それは、この本に書いてありますから、読んでみてください。

 日本では、将棋だか碁だかで、下手の考え休むに似たりというのがあります。本の最後の方で、これに近いことが出ていました。つまり、コインを投げて決めろ、という感じです。


 ところで、バイトテロのことをニュースなどで見て思ったことを書きます。ごく少数の特別な人がやらかしたことではなく、かなり多くの人々が日常的にしていることかもしれないと思いました。

 工場勤めの人にはおなじみの、ヒヤリハットの取り組みを思い出したのです。つまり、1件の重大事故の背後には数百件の中規模事故があり、1件の中規模事故の背後には数千件の微小な事故(ヒヤリハット)があるというやつです。従って、ヒヤリハットを無くしていくことが、重大事故を防ぐことにつながるのだぞよ、と教わりました。

 バイトテロでは、1件の動画の投稿の背後には数百件の投稿されない動画があり、1件の投稿されない動画の背後には数千件の動画に撮らない不適切行為があるのではないでしょうか。

 20歳前後ではまだイタズラ盛りだし、仕方がないと思います。動画に撮って投稿できる程度のイタズラのうちは(お店にとっては大損害でも)まだいいでしょう。


 ハインリッヒの法則は親の虐待にも当てはまりそうです。子が死ぬまで虐待するひとりの(ひと組の?)親の背後には、数百人(数百組?)の虐待する親がいて、ひとりの(ひと組の?)虐待する親の背後には数千人(数千組?)の時々虐待する親がいるのでしょう。

 ボクの親は時々激しく(ボクを)罵倒しましたが、虐待とまではいかないものだったと思います。ラッキーでした。

渋沢栄一記念館

f:id:CBO58:20190213092004j:image

  埼玉県の三大偉人を訪ねる旅の第二弾は渋沢栄一です。近代日本経済の父と称えられる渋沢栄一は、埼玉県深谷市の生まれだそうで、その生家の近くに建っている渋沢栄一記念館へ行ってきました。

 国道17号深谷バイパスを右折したあと、次に左折するところを気付かずに通り過ぎてしまい、どんどん行ったら、利根川を渡って群馬県になってしまいました。ボクの愛車のミライースには、カーナビはありません。


 立派な建物に入って左側に資料室があって、渋沢栄一のゆかりの品々を展示してありました。先客のご夫婦らしき二人連れが、係りの人の説明を聞いていました。ボクもわきで少し聞かせてもらいました。とても丁寧な解説で感心しました。最後までフルで聞けば、かなりの渋沢栄一通になれそうです。

 建物の裏手に回ると大きな銅像が立っていました。なんでまた、こんな裏手の日陰に立っているのだろうと思いました。ふるさとの広々とした風景を眺めている、という体でもあるのでしょうか。


 三人目の荻野吟子記念館は隣の熊谷市にあるのですが、急ぐ旅でもないので、また次の機会に来ることにしました。

Doomsday Book

f:id:CBO58:20190206083410j:image

 アメリカの女性SF作家、コニー・ウィルスの1992年の作品です。邦訳版は「ドゥームズデイ・ブック」、早川書房から上下二巻で出ています。ボクは「The Rook」の作者の勧める小説10冊の中で知りました。ヒューゴー賞ネビュラ賞を両方取ったとかで、さぞかし面白かろうと思いましたが、そうでもありませんでした。

 


 主人公のキヴリンの苦労する様子が延々と続き、最後にダンワージーとコリンが助けに行って終わり、という感じです。ボクは、早く読み終わりたい(面白くて先が知りたいのではなく、早く次の本に取り掛かりたいからです)ばかりに辞書無し読書に切り替えて、読み終えるころには、辞書無し読書にだいぶ慣れたことが収穫でした。

 


 あといくつか、思い出しながら書きます。

 


 クリスマス前後の時期を描いている。わざわざそんな時期に行かなくてもいいのにと思いました。日本には、怠け者の節句ばたらきという言葉があります。もっと暖かい時期にでも行けば良かったのに。黒死病がこの地方に来たタイミングがこの時期なので、物語としての必然性はありますね。

 あちらのクリスチャンの皆さんにとっては、クリスマスの物語は受けるのでしょうか。クリスマスに最後の審判かぁ、とか。最後にダンワージーが必死になって鳴らした鐘で、ローシュ神父の魂が救われて、ホッとするのかな。

 口うるさいオバさんが病人の枕元で聖書を読む場面がたびたび出ます。ついに倒れてしまったダンワージーの元にもやってきて聖書を読み聞かせます。すると彼は、それじゃぁルカ伝の何章何節を、と指定しました。それが物語の進行に関係するような、しないような気がします。

 


 タイムマシンはあっても、携帯電話は無い。1992年だと、日本ではもう自動車電話は普及していたと思うので、みんなが自分用の電話を持ち歩くことは容易に想像できたろうに。ダンワージーが見知らぬ人に電話番を頼んだり、重要人物と連絡がとれない様子にイライラしました。

 


 自動翻訳機はすごい。キヴリンの脳に仕込んであるのか、人の言葉が理解できるし、自分のしゃべる言葉が口から出る時には変換されているようです。物語の序盤では、この翻訳機の調子が悪く、人々の話す古英語(だと思います)がイタリックで書かれていて、チンプンカンプンな感じが本当に中世のイギリスの村に来たんだというリアリティーに役立っていました。邦訳版ではどんな表現になっているのでしょうか。

ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート

f:id:CBO58:20190130111540j:image

 ボクはマンションに住んでいます。先日郵便受けに、TVアンテナ端子取替工事の件みたいなのが入っていました。室内は専有部分だし、何かいかがわしい感じがしたので、ボイコットしようかと思いました。


 4K8KBS放送の電波は何か強くて、いいかげんな配線工事がしてあると、電波が漏れて、室内の無線LANの電波などに干渉して悪いことが起こるとか。もう電波は来ているのだから、悪いことが起きるなら起きているはずだと思うし、そんなやわな電子機械システムを日本の優秀な技術者が作るわけないし、TVアンテナ端子取替工事の費用には補助金が出るということからみて、大いにうさんくさいと思いました。


 つまり、電波とか関係している官庁のこっぱ役人の天下り先を作る為と、工事費用の数%をせしめようとするマンション管理会社のいやらしい根性が混じりあったうさんくささです。

 


 この絵は元日の夜に見たウィーンフィルニューイヤーコンサートの様子です。

鉢形城跡 田山花袋の漢詩碑

f:id:CBO58:20190123111300j:image

 せがれの足は臭いです。こちらが言うので、会社から帰ると、自分の部屋であのアルコールの拭くやつで足の裏を拭いてから、こっちに来ます。もともと汗かきで、家にいる時は靴下を履きません、冬でも。


 これについてせがれは自説を持っています。この寒い時季になってから、特に強烈な臭さになったことを重視して、身体の他の部分から汗が出ない為に足の裏から集中的に濃いのが出て臭いのだという説です。


 最近、腋の下に制汗剤を塗るのをやめて腋の下からも出すようにしたので、足の臭みが弱まったのが、それを裏付けていると言います。たしかに、前より臭わなくなったような気もします。

 


 この絵は先週に続いて、埼玉県寄居町にある鉢形城跡の風景です。田山花袋田舎教師は、昔、読みました。内容は覚えていませんが、とても退屈なお話だったのは覚えています。

鉢形城跡 深沢川

f:id:CBO58:20190116112722j:image

 鉢形城跡(はちがたじょうあと)は、埼玉県寄居町にある国指定の史跡です。主要部分は公園になっていて、立派な歴史館と駐車場もあります。城の背面は荒川、表側は深沢川に守られています。この絵は歴史館を出た後、深沢川を渡って斜面を登り、ふり返ったところです。鬱蒼とした感じでした。


 このモレスキンのポケットサイズのスケッチブックも、ようやくあと数ページで終わります。

万年筆プレピー

f:id:CBO58:20190109125608j:image

 先日、WonderGOO川越店で良いものを見つけました。プラチナ万年筆のプレピーです。ここで見るまで知りませんでした。なんか良さそうだと思って、とりあえず買ってみました。300円はとても安いです。一緒に買ったコンバーターが700円なので、合わせて1000円(税込1080円)。

 

 ほかにも色んな文房具があって楽しかったです。マルマンのスケッチブックの、ルーズリーフ式のバインダーになっているやつも初めて見ました。これなら、失敗作は捨てて気に入ったものだけを残しておけるから良いですよね。ボクは昔、26穴のパンチを買って、画用紙に穴を開けて自力で作りました。

 

 インクカートリッジも沢山の色がありました。ボクは生意気にコンバーターで、パイロットの色彩雫(いろしずく)の土筆を入れました。

 

 少し迷った後、中字の05を買いました。ぬるぬる書けて良いのですが、太いです。そのうちまた行って、次は03を買おうと思っています。