CBOのスケッチブック

素敵な絵をお届けします

The Broken Girls

f:id:CBO58:20190626064225j:image

 シモーネ・セントジェームズという女流作家の2018年の作品です。邦訳版はまだ出ていないようです。Kindle版が安かったのでDLしました。幽霊の出て来る推理小説です。面白かったけど、少しこわいです。

 舞台はバーモント州のバロンズという町の、町外れに建つ女子寄宿学校です。1970年代に学校は潰れて廃墟になっています。1950年11月に、この寄宿舎のとある4人のルームメイトに起きた出来事と、2014年の11月、同じ町の女性記者に降りかかった出来事とが交互に語られます。この学校にはマリー・ハンドという少女の幽霊が出ます。

 1910年代から60年ほど続いた女子寄宿学校とはどんなところでしょうか。ここに登場する4人はみんなワケありな感じです。拳銃を口に咥えた叔父を目撃してから何も話さなくなったロベルタ。男の子にエッチなことをされて家へ逃げ帰ると、母親が情事の最中だったケイティ。富豪の非嫡出子セシリアは、海で母に体を押さえられて溺死しかけたようです。この3人は厄介払いの為に、世間から隔絶されたこの学校に送り込まれたのですね。4人目のソニアにはどんな過去があるのでしょうか。

 一方、この町に住む女性記者フィオナは2014年現在38歳。20年前に殺されて、アイドルウィルド(あの女子寄宿学校のことです)の校庭に遺棄された姉のことが忘れられません。犯人はすでに刑期を終えて、一家でコロラド州へ去りました。でも彼女の中では事件は終わっていないのです。恋人のジェイミーは警察官です。彼の言葉から、アイドルウィルドの再建計画を知り、取材を始めます。廃墟の片付けの始まっているなか、校舎の中を案内してもらうフィオナ。折しも、作業員達の騒ぎに遭遇しました。古井戸の底に少女の遺体があったのです。

 良くできた推理小説だと思います。おすすめです。

 

The Happiness Hypothesis

f:id:CBO58:20190619102739j:image

 ボクは幸せを求めています。本を読んだりして、いろいろ模索しながら生活しています。やっと最近2回ほど、瞬間的に幸福感みたいなものを味わえた気がします。でも目標は、なるべく長時間落ち着いた気分でいることです。palm phone も(ただ触っているだけですが)役に立っています。いい歳して何やってんだ、と言われそうですね。

 この本は以前、Kindle版が164円と安くなった時にDLしたものです。邦訳版は「しあわせ仮説 古代の知恵と現代科学の知恵」です。良い本でした。本当に悩み苦しんでいる人の役に立つように書かれているので好感を持てるし、おぼつかない部分もありますが、英文を読めるという喜びが大きいです。英単語の暗記に苦労した甲斐がありました。これもひとつの幸せでしょうか。

 心理学の研究成果だけでなく、脳を含めた身体の仕組みについて、本人の心がけや世の中の仕組みについてなど幅広く書いてあります。なるほど、と思いながら読み終わりましたが、まだ消化しきれていません。また後日、読み直したいと思います。

 

 ところで、BLOGOSで「安倍政権の倒し方を少し大人になって考えよう」政治学者が自戒を込めて語る、という記事を見ました。あの悪夢のような民主党政権や、愚劣なモリカケ事件の記憶のある限り、野党は支持を得られないだろうと思っていましたが、あらためてこりゃダメだと思いました。でも選挙となると危ないなと思います。ボクは安倍政権を支持します。

NHKの世論操作

f:id:CBO58:20190612075443j:image

 今朝、NHKで非常に怪しいニュースを見ました。どこか知らない海辺に散乱する汚いプラスチックゴミの映像を見せながら、日本が海に流す何千トンのプラスチックゴミが海流に乗ってアメリカ西海岸や、さらに巡ってフィリピンにまで流れて行くと言いました。

 よく聞くと、日本がポイ捨てなどで海に流すプラスチックゴミ何千トンというのは、そう仮定しましたというだけのようです。専門家として画面に映ったのは土木研究所の某という人です。

 ツバルや北極のシロクマの映像と同じことだろうと思いました。これでまた、何兆円という税金が一部の人の生活費や遊興費になるのでしょうか。生活保護の一種と思えばいいのかな…

デッサン二つ

f:id:CBO58:20190605105605j:image

 埼玉県加須市にあるサトエ記念21世紀美術館へ行きました。川越から県道12号線をどんどん行って、東北自動車道に沿って北上します。平成国際大学の正門の前にあります。庭には彫刻が沢山あって、いい感じです。中の絵画作品も見応えのあるものです。

 美術館内部にも彫刻作品があります。今回は座布団の置かれた床几に腰掛けて、デッサンしてみました。「勝利のビーナスの胸像」と、向こうにある「石を負うカリアティード」の二つ。

f:id:CBO58:20190605105655j:image

palm phone を買いました

f:id:CBO58:20190601105225j:image

 palm phone(パームホン)というスマホを買いました。YouTubeで見て、すっかり気に入ってしまいました。小ささと高級感に一目惚れという感じです。時々指先で触って、感触を楽しんでいます。2週間ほど経ちますが、今のところ満足です。

 バッテリーは3日から4日持ちます。画面が消えている時は機内モードになるという、ライフモードをONにしています。ゲームもSNSもやりません。電話やメッセージのやり取りも滅多にありません。そもそも、家族以外に番号を知らせていません。もちろん、これでYouTubeは見ないし、グーグルクロームも起動しません。グーグルマップもなるべく見ないようにしています。

 アンドロイドは初めてです。グーグルキープというメモアプリで、音声で文を入力できるのに感激しました。iOSでも同じようなものはあるのかもしれませんが。

 SIMはLINE MOBILE のソフトバンク回線です。¥1200/月のやつです。なんか面倒だなと思いましたが、ケーズデンキ入間店へ行ったら、設定みたいなものもやってくれて助かりました。しかも、キャンペーン期間中とかで手数料はほぼタダでした。

 ボクの使うのは音声メモの他は、(万一の時の)電話とSMS、カメラ、電卓、タイマー、ストップウォッチ、そして夜枕元に置いて枕時計としての時刻表示です。ボクのようなワンランク上のおっさんにふさわしい携帯電話だと思います。なんつって。

 

CENTENNIAL

f:id:CBO58:20190529053813j:image

 ジェームズ・A・ミッチェナーという人の1974年の作品です。邦訳版は1982年に「センテニアル〜遥かなる西部」という題の三巻本が出たようです。

 1068ページ、長いです。この人はこの他にも沢山の本を書いていますが、どれも分厚い本ばかりのようです。

 ボクの20代の頃に、NHKで放送したアメリカ製ドラマの原作です。面白いと思ったのは覚えていますが、話の内容は殆ど忘れていました。当時この枠では、他に「リッチマン・プアマン」というドラマも放送されました。たしか、日曜日の大河ドラマの後にやったと思います。

 アメリカのコロラド州あたりを中心に、太古から現在(1974年)までの出来事が書いてあります。主な登場人物は作者の創作だと初めに断ってあります。でも、読んでいるうちに、リアルなお話に思えて引き込まれます。ビート農場の労働者としてやってきた、タケモトという日本人移民一家も出てきます。

 最後の章には現在(1974年)のコロラド州の様子が描かれています。環境問題の注目され始めた頃でしょうか。デンバーの町がスモッグに覆われています。今のように政府の環境問題対策の支出で生活している人は、まだ居ない頃だと思うので、純粋に心配しているのでしょうね。

 アメリカの西部開拓史に興味のある人は読むといいかもしれません。

アリータ

f:id:CBO58:20190522072030j:image

 映画「アリータ:バトルエンジェル」、少し残酷でしたが面白かったですよ。映画の好きな場面を描きました。

 モレスキンのスケッチブックに線画を描いて、iPadのArtstudio Proというアプリで色を塗りました。このアプリには、指定の色を透明にする機能があるので、いわゆる塗り絵が出来ます。写真を取り込んだ後、色に白を指定して「色を透明にする」機能を実行します。このレイヤーの下のレイヤーに色を塗ります。以前の、渋沢栄一記念館や荻野吟子記念館の絵も、同じように色を塗りました。

 ここでは「ブラー」、つまりボカシ機能を多用しました。このアプリには沢山のボカシ機能があります。遠近感がでていたら、おなぐさみです。