読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CBOのスケッチブック

素敵な絵をお届けします

究極の英単語2

pen & iPad

f:id:CBO58:20160919173348j:plain

 ワンランク上のおっさんを目指して、英語リーディング能力を身につけたいと思っています。まずは語彙。ボキャビルダーでは身に付かなかった単語がいくつあるのか、アルクの「究極の英単語シリーズ」でチェックしています。

   レベル    ダメな語の数
   —————————————
    1        0
    2       17
    3       77
    4       194
    5       190
    6       272

 ひとつのレベルで1,000語ずつ載っています。「究極の英単語2」を終えた時点でこんな感じです。予想以上にダメですね。レベル9まではマスターしたいと思っています。

 さて、どうやって覚え直すか。以前ここで紹介したNumbersを使うやり方はイマイチでした。やはり普通に、紙の単語カードを作って暗記しようと思っています。


 実際にKindleで洋書を読むことも始めていて、今は7冊目で、”All the Light We Cannot See”という本に挑戦しております。これは2015年のピュリッツァー賞を受賞した作品です。前から欲しいものリストに入れて時々見ていたら、ある時¥200になっていたので即座にダウンロードしました。身の程知らずなレベルですが、アルクの「英辞郎 on the WEB」を頼りに、よじ登っている感じです。

 “Moon Over Manifest”は読み終わりました。面白かった。ネッドは、占いおばばのサディが昔エリス島で生き別れた実の息子だったとは、泣かせます。やっぱりアビリーンの父はジンクスでした。ジンクスという言葉は日本では良い意味もあるように思っていましたが、あちらでは悪い一方のようです。アビリーンの母親については全然書いてなくて変だと思いました。愛する人に不吉な運命を招くのを恐れたジンクスが、娘だけを連れて去ったのでしょうか。