CBOのスケッチブック

素敵な絵をお届けします

エピソード記憶

ユナイテッドシネマわかばで「ジェイソン・ボーン」を見たあと、狭山台図書館で「脳はなぜ「心」を作ったのか」という本を借りて帰りました。これから読むところですが、受動意識仮説はだいたい知っています。こうした考えは好きです。 プチ走馬灯現象につい…

プチ走馬灯現象

pen

1回目は7月、そして2回目は今週の火曜日9月27日でした。アタマの暴走。ぼくは、プチ走馬灯現象と呼ぶことにしました。おそらく今後も体験するような気がするので、名前を付けておきます。 突然、過去の記憶の断片が次々とアタマに浮かぶという現象です。2回…

ツーショット

pen

豊洲の問題と二重国籍の問題は興味津々でした。TVやネットでたくさん見たおかげで、そろそろお腹いっぱいな感じです。 豊洲の問題は、お役所仕事ということだと思います。今後も、問題は色々出るでしょうけど、大体テキトウにお役所仕事が続けられることでし…

究極の英単語2

ワンランク上のおっさんを目指して、英語リーディング能力を身につけたいと思っています。まずは語彙。ボキャビルダーでは身に付かなかった単語がいくつあるのか、アルクの「究極の英単語シリーズ」でチェックしています。 レベル ダメな語の数 ————————————…

誰そ彼

忘れないうちに描いておきました。 見ておいて良かった。これから角川のサイドストーリーのKindle版をダウンロードしようと思います。というのも今日、ユナイテッドシネマわかばを出てすぐ右側にある本屋で探したのですが、見当たらなかったからです。これを…

究極の英単語1

pen

ワンランク上のおっさんを目指して、英語リーディング能力を身につけたいと思っています。語彙を得るために始めたボキャビルダーで、今のところ、9,200語ほどを暗記できたことになっています。でも、本当に覚えたのか不安なので、アルクの「究極の英単語1」…

貫通爆弾をくらったあと

ユナイテッドシネマ・わかばで「シン・ゴジラ」を見てきました。良いという評判を聞いて、急遽行きました。たしかに良かったです。 この絵はイメージです。歩くだけのゴジラでしたが確か、米軍の爆撃機の攻撃を受け一旦倒れたあと、背中のとげから光線を四方…

還暦

pen

実は、6月の誕生日で60歳、還暦になりました。時々、残りの人生について考えます。理想とするのは、やはりピンコロです。80歳くらいまでピンピンしていて、ある日コロッと死ぬという感じです。ピンコロならば80歳と言わず70歳くらいでも、いやあと5年くらい…

Moon Over Manifest

pen

今Kindleで読んでいるのは、アメリカで優れた児童書に贈られるニューベリー賞を受賞した”Moon Over Manifest”(マニフェスト町にかかる月?)です。クレア・バンダープールという人の2011年の作品です。 舞台は1936年のアメリカはカンザス州のとある町です。…

365日の紙飛行機

youtu.be ボクのミュージック・ライブラリーの28曲めの作品「365日の紙飛行機」をお届けします。NHKの朝ドラ「あさが来た」の主題歌です。AKB48が歌っております。 MacのGarageBandで作りました。ベースとドラムスはソフトウェア音源の打ち込みです。その他…

古代蓮の里2016

先月、行田市の古代蓮の里へ行って撮って来た写真を見ながら描きました。この日は朝からよく晴れて、日なたに居たら頭がクラクラしました。向こうに見えるのは古代蓮会館の展望台です。 ペンで描いたあと、iPadのArtStudioに取り込んで色を付け、背景のレイ…

季節外れの福寿草

今年の2月に埼玉県にある国営武蔵丘陵森林公園へ行って写して来た写真を見ながら、ペンで描き、iPadのArtStudioに取り込んで色をつけた後、奥のレイヤーにBlurをかけてボカシてみました。奥行きというか、立体感が感じられたらおなぐさみです。 今日は、埼玉…

The False Prince

ワンランク上のおっさんを目指して、英語リーディング能力を身につけたいと思っています。昨年5月から始めたボキャビルダーは今、8,500語ほどまで来ました。一日に33語ずつ暗記できれば、一年で12,000語を暗記して終わっているはずですが、ボクは一日に20語…

豚の死なない日

今年の1月に買ったKindle Paperwhiteで、4冊目の洋書を読み終わりました。”A Day No Pigs Would Die”(豚の死なない日)です。ペットにした豚のピンキーを、その年の冬の食糧難の為に殺して食べなくてはならない主人公一家。そんな貧しい生活が終わり、豚の…

古代蓮の里2015

昨年7月に、埼玉県行田市にある古代蓮の里を描いたものです。 そういうわけで昨日、図書館で「豚の死んだ日」(ロバート・ニュートン・ペック著、金原瑞人訳)を借りて、とりあえず第8章を読みました。だいたいボクの読んだ通りのことが書いてありました。…

菖蒲園インク

マルマンの普通のスケッチブックの紙を、ポケットサイズに切ったものに描いてみました。マルマンのヴィファールという水彩紙に比べると薄くて、インク&ウォッシュでは次のページも湿ってしまいました。一週間ほど前の菖蒲園の様子です。 ところで今、Kindle…

パペット

pen

これはフランクリン手帳の、コードバンのポケットサイズのやつです。身分不相応とは知りながら、高級な革の手帳を持ってみたかったのです。時々ながめる程度だったものを、ここでスケッチブックにしようと思い立ちました。画用紙をこのサイズで切って、綴じ…

菖蒲園

pen

トラベラーズノートは革の感触が良いです。ボクは出不精で滅多に旅行はしないので、旅の記録を綴る予定はありません。何となくカッコいいかなと思い、強いて言えばお絵描き用に買いました。 埼玉県狭山市にある智光山公園の菖蒲園はまだ早いようです。先日様…

日陰の犬

埼玉県狭山市にある智光山公園のバラ園へ行きました。バラはもう終わりですね。花びらのふちがさびた感じで、匂いもよくわかりませんでした。焼きだんごは良い匂いでした。 この絵は、木漏れ日を描きたいと思って描きました。 Kindleの”A Day No Pigs Would …

狭山市駅西口

西武新宿線の狭山市駅の西口です。市民交流センターのところから連絡通路の下側を見ています。幾何学的な構図を描いてみようと思いました。 ところで、ボクは武田邦彦教授のブログをよく聞きます。朝日新聞やNHKがうそをつくこと、大麻は有害でないこと、リ…

三色ボールペンで描きました

pen

ライブドアニュースで「ベッキー復帰にテレ東が激怒」という記事を見ました。「金スマ」に出たのは、初めてのレギュラー番組だからと伝えられたのを、テレ東が「おはスタ」が先じゃねえかと怒ったということです。 4月1日はバイトの休みの日だったのでボクも…

Ophelia

Kindle版”Ophelia and the Marvelous Boy”(Karen Foxlee作)を読みました。 主人公のOpheliaは、姉と共に父の出張に連れられてきました。舞台は北欧かどこかの冷たい都市の博物館です。父は古い剣の専門家で、博物館で催しの準備を依頼されたようです。Ophe…

入間市の教会

久しぶりにバーントアンバーで描いたのは、埼玉県入間市にある教会です。国道16号線沿いの、狭山市との境目に近い場所です。昨年撮って来た写真を見ながら、昨日描きました。鋭い尖塔があります。16号の拡張工事に合わせてかどうか、新しくなったようです。…

思い出のマーニー

Kindleで”When Marnie Was There”を読み終わったので、DVDを借りて来て「思い出のマーニー」を見ました。見事に映画化されていると思いました。泣けました。 原作では泣けませんでした。まだ、ストーリーを追うのが精一杯のようです。情緒的な部分を味わえる…

おっさんの夜の遠吠え

シネプレックスわかばで「ズートピア」を見てきました。これはキツネのニックと主人公のジュディです。 予想以上に面白い映画でした。もう一回見てもよいくらいです。Dream Ami の歌う主題歌をDLしちゃおうかな… 映画が終わって外に出ると、アイドル候補生の…

おっさん補完計画

ワンランク上のおっさんを目指して、ボキャビルダーに取り組んでいます。今のところ英単語7,200語あまりを暗記できました。12,000語まではまだ遠いです。 以前サンデル教授の”JUSTICE”や”To Kill a Mockingbird”などを読んだ時は、読むというよりは暗号解読…

蝶になる前

映画「コープスブライド」の好きな場面をブルーブラックのインクで描くシリーズの3枚めは、ラストシーンです。 エミリーはビクターに指輪を返すと、出口へ向かいます。教会の出口は月に照らされています。ここでエミリーは、無数の蝶に姿を変えて空へ飛んで…

ピアノの場面

またコープスブライドを描きました。 スクラップスのくわえてきた花束を持ってビクターが入って行くと、エミリーは一人でピアノに向かっていました。このあと二人は一緒にピアノを弾きます。あの物悲しいメロディーで会話するように。そのうち、エミリーの左…

解体現場

ボキャビルダーというのは、ネットで取り組む英語の暗記カードです。利用料はひと月4,980円。情報カードの絵柄で出る単語に、自分の答え(和訳、発音)をつぶやき、カードをめくります。すると正解が出るので合っていたら「F」のキーを、間違っていたら「D」…

さよならの夏

youtu.be 今日はバイト休み。いまさっき昼寝から起きたところです。 ボクのミュージック・ライブラリーの27曲めの作品「さよならの夏」をお届けします。新作です。 「さよならの夏」といえば、ジブリ作品「コクリコ坂から」のテーマ曲として有名です。船の汽…

コープス・ブライド

今日はバイト休みだったので、コープスブライドの好きな場面を描きました。パイロットのブルーブラックのインクです。バックなど大面積の部分は、スポイトでパレットに取ったインクを普通の筆につけて塗りました。あとは、万年筆と呉竹の水筆で描きました。 …

ちっちゃなライザ・ジェーン

youtu.be ボクのミュージック・ライブラリーの中から、「ちっちゃなライザジェーン」をお送りします。アメリカの古い童謡のようです。MacのGarageBandで作りました。バスドラムとタンバリンはソフトウエア音源です。その他のギター、クローハンマースタイル…

スコットランド編

キャノンの一眼レフ、EOS70DのCMをブルーブラックのインクで描きました。荒涼としたスコットランド編です。どこにでもあるパイロットのブルーブラックです。 クルマは古城への一本道を行きます(上)。途中で停めて、枯野に降りた妻夫木君(中)。城の上から…

モロッコ編

キャノンの一眼レフ、EOS70DのCMを描きました。妻夫木君のモロッコ編です。TVで見たことはないのですが、この前、オペラ座屋上の絵を描く時にYouTubeで発見しました。 EOSを持って、モロッコの街をさまよう妻夫木君(上と中)。突然、自分は影だと称する、黒…

アティカス

映画「アラバマ物語」の一場面を、ウオーターマンのブラウンというインクで描いてみました。夜の場面なのですが、まるで昼間のようになりました。このインクでは夜の場面は無理だなと思いました。 グレゴリー・ペックの演じるアティカス・フィンチは弁護士で…

アティカスとスカウト

今日の毎日新聞の社会面の隅に、ハーパー・リーさん死去の記事がありました。この上には、ウンベルト・エーコ氏死去の記事もありますが、こっちの人は知りません。ハーパー・リーさんは、映画「アラバマ物語」の原作”To Kill a Mockingbird”という小説を書い…

東京国立博物館の宝珠

お正月に東京国立博物館で見た宝珠を、3色のインクで描いて比べてみました。これは古代のスノードームでしょうか。ガラスの球の中に小さい玉が入っています。宗教関係の道具ですね。 三つのインクについて、ボクの感じ方を書きます。 【パイロット 色彩雫(…

精霊エイワ

ブルーブラックのインクで描いた2枚目は、映画「アバター」の一場面です。 助けを乞うジェイク、つれなく追い返すネイテリ。とそこにフワフワと、羽のようなものが降りてきて、ジェイクを明るく照らしました。ネイテリのかたくなさが無くなったようです。 続…

オペラ座屋上

ブルーブラックのインクが、こんなに美しいとは思いませんでした。大満足です。どこにでもあるパイロットのブルーブラックです。セキチューで¥429でした。 このキレイな色で次は何を描こうか、楽しみです。 色彩雫(いろしずく)の「山栗」は、ネットで見た…

展望台

昨年夏、埼玉県行田市にある古代蓮の里へ行って、そこの展望台からの眺めを描きました。関東平野を見渡すことができます。これは、iPadのArtStudioというアプリで色を付けたものです。 ところで今日は、埼玉県の中央にある「国営武蔵丘陵森林公園」へ行きま…

ウエスタ川越

今日は描き途中を写真に撮りました。下から上へ順番に見てください。 【お手本】 埼玉県川越市のJR川越駅の西口からすぐのところに、立派な建物ができました。巨大なホールや公共施設があります。こちら側は色々なお店が入っています。 写真をうつして描く時…

さいたま新都心

平日の朝の6:10頃から6:40頃までは日テレの「ZIP」を見ています。昨日の一分動画ショーは「新宿カウボーイ」の二人でした。最後にかました「ゴメンナさいたま新都心」というギャグに、大笑いしたオッサンは多いことでしょう。ボクは、いつか使おうと思ってい…

東京国立博物館の像3

上野にある東京国立博物館には、お宝がたくさん飾ってありました。これは観音様ですね。けっこう大きいものです。右の人物は家内です。像のまわりをウロウロしていました。ベレー帽を被っています。 水彩用紙にペン&ウォッシュで描きました。ペンはパイロッ…

川の博物館2

埼玉県寄居町(よりいまち)にある川の博物館です。荒川という、秩父の山奥から東京湾へと流れる川にまつわる展示があります。この絵は昨年の夏に撮ってきた写真をもとに描きました。博物館の上が展望台になっていて、そこからの眺めです。 大きな輪は観覧車…

旧あじさい館

埼玉県飯能市にある休暇村奥武蔵という施設です。昨年5月に描きました。以前、あじさい館といった頃、この裏にあるログハウスに泊まったことがあります。 ところで、カツ横流しのニュースを見ていて、ここ壱番屋というところは随分もったいないことをするな…

東京国立博物館の像2

今月3日に、東京国立博物館で撮ってきた写真を見ながら描きました。今日は水彩用紙にインク&ウォッシュで描きました。インクはパイロット色彩雫の土筆です。大面積の部分は、ぺんてるアートブラッシュのセピアで塗りました。ネットで調べたところ、この像は…

冬の川越水上公園

昨年5月に描いた、川越水上公園の冬の光景です。この場所は関越自動車道の東側です。大きなプールがあって、夏はたいへんな人出です。プールの外に、こうした池が作ってあります。 ところで、ここで思い切って、AmazonのKindle Paperwhiteを買ってしまいまし…

東京国立博物館の像

3日に、東京国立博物館で撮ってきた写真を見ながら描きました。何という像かはよく見ずに帰りました。 今、ネットで見たら、おそらく十二神将立像の戌神(じゅつしん)という像のようです。本館1Fにありました。こうした彫刻が他にも沢山あって、ボクの描き…

ひとり上手

youtu.be だいぶ古い曲です。以前、勤めていた職場で20代のあんちゃんのスマホでラップ音楽を聞いているのに、これを聞かせたら、ポカンとしていました。懐メロですね。 いまさっき、ボクがいつもの通りしょうもないネットの記事を見ていたら、わきで家内の…

鮎美橋

昨年5月に東京都青梅市へ行きました。青梅市立美術館の前を通る時、「詩情の水彩画」とあったので寄ってみました。どんな感じの水彩画だったのか、今では何も記憶に残っておりません。この美術館の裏から見た風景を描きました。正面に見える橋は「鮎美橋」と…