読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CBOのスケッチブック

素敵な絵をお届けします

toned sketch

絵のページ

この前は、水性サインペン(ホルベインのprocolorⅡのセピア)とカラー筆ペン(呉竹のクリーンカラー・リアルブラッシュの2色:ミッドブラウンとオートミール)を使って描きました。紙の白(本当は薄いクリーム色ですが)と合わせて3つの茶系のバリューで描き…

インク&ウォッシュ

久しぶりにインク&ウォッシュでお絵描きしました。ボクは、万年筆で描いた上を水筆でなぞるのをインク&ウォッシュと呼んでいます。クラフト紙に描くのは、中間のバリューを塗らずに済むのと、かっこいいかなと思うからです。うしろの杉(?)の木の感じが出…

東京国立博物館の像

3日に、東京国立博物館で撮ってきた写真を見ながら描きました。何という像かはよく見ずに帰りました。 今、ネットで見たら、おそらく十二神将立像の戌神(じゅつしん)という像のようです。本館1Fにありました。こうした彫刻が他にも沢山あって、ボクの描き…

おかあさんの像

埼玉県南西部にある狭山市の市役所にはこんな像があります。インク&ウォッシュで描いてみました。 狭山市と言えば、狭山茶と狭山事件でしょうか。狭山茶は、お隣の入間市が本場です。狭山市のできた時、有名な狭山茶から市の名前にちゃっかり拝借したようで…

アンコールワット 3

NHK「アジア巨大遺跡」第1回アンコールワットの一場面を描くシリーズの3回めは、遺跡に立つ杏さんです。クラフト紙にインク&ウォッシュで描きました。このインクは水で薄めると、こうした赤味を帯びた色になるようです。

アンコールワット 2

昨日に続いて今日も、NHK「アジア巨大遺跡」第1回アンコールワットの一場面をお送りします。木の根に包まれた遺跡です。クラフト紙に描きました。 今回は呉竹の水筆を使って、インク&ウォッシュとしゃれこんでみました。この水筆はぺんてるのものに比べて、…

アンコールワット 1

NHK「アジア巨大遺跡」第1回アンコールワットの一場面を描きました。四方に顔の彫刻を施した塔です。クラフト紙に描きました。 白は三菱のユニボールシグノというボールペンの白です。白い色鉛筆や他のボールペンなど、いくつか試したなかでこれが一番でし…

75日

今さっき、録画してあったNHK「アジア巨大遺跡」第1回アンコールワットを見返しました。遺跡をバックに立つ杏さんとか、描きたい場面を写真に撮りました。 番組後半、巨大寺院を建造したり大いに栄えた理由は、地域に長く平和が続いたことだとありました。…

バガン遺跡に立つ杏

NHK「アジア巨大遺跡」第2回ミャンマーのバガン遺跡から描き写した絵の3つめです。この前の第3回中国始皇帝陵、第4回縄文遺跡はイマイチでした。 ミャンマーと言えばここで、スーチーさんが選挙で勝ったニュースをTVでたびたび見ます。先日見たニュースの…

和久田さん

朝夕、NHKを見ています。朝は日テレのジップで、芸能関係の話題で「それではここでクイズです」とかいう6:40頃に、クイズの答えを待たずNHKに切り替えます。それから7:00までNHKを見ます。夕方は6:00から6:30頃までNHKを見ます。 昨日の夕方の首都圏ネットワ…

ケリー国務長官

一億総活躍社会に向けて、ボクは趣味の英語学習の取り組みを強めることにしました。ボキャビルダーの他に、VOA Learning Englishを日課に加えることにします。今、米軍がアフガニスタンに残りカメルーンに投入されるという記事を聴いてみました。難しいです…

黒須のガード

西武池袋線の稲荷山公園駅と入間市駅のあいだにあるガードです。最近できた狭山警察署の先から国道16号線へと降りる道路の途中にあります。左手は東京家政大学の敷地と思われます。この坂を下りると16号にぶつかって、その左手には鋭い尖塔のある教会が見え…

五郎丸

こう見えても好きなんです、印象派。東京都美術館でやっているモネ展に行きたいのですが、好きな人が多いらしく、混んでいるということで二の足を踏んでおります。とりあえず今日はやめ。そのうち、元気な時に行こうと思います。でも、「印象、日の出」とい…

食べるでござる

役所広司さんのマルちゃん正麺のコマーシャルです。ボクはうそだとは思わないので、食べないでござる。なんつって。 ところで最近、サファリでネットを見ていると時々、真っ黄色のフィアット500の広告が出ます。以前から、たまにフィアットのサイトを見てい…

火焔型土器

少し本棚の整理をし、使わなくなったロジクールのiPad用キーボードを捨てることにしました。断捨離。以前、iPad2で日記を書く程度のことで使ったものです。時々、エンターキーを押した途端に、それまで入力した分がパーになるというやくざな代物でした。それ…

縄文のビーナス

これは国宝で、長野県茅野市の博物館にあるそうです。いつか実物を見に行きたいと思います。 ところで、「世界に一つだけの花」はGarageBandにドラムとベースの打ち込みが終わりました。昨日、さて、ギターはコピーしようかそれとも簡単に済ますかと思いなが…

老猿

これは写真を見て描きました。実物は東京国立博物館にあるそうで、ぜひ一度見てみたいと思います。高さ108.5㎝といいますから、けっこう大きいものですね。高村光雲作です。 実物を前にすると、描けないかもしれません。落ち着いて自分のなかに取り込むこと…

高村光雲

この前のNHK教育「日曜美術館」で映った絵柄です。トーンド・ペーパー(といってもただの包装紙ですけど)で落書きしたくてうずうずしていたところだったので、早速描いてみました。こうして見ると、パイロット色彩雫(イロシズク)の土筆(ツクシ)の色は、…

金剛力士像

いわゆる仁王様ですね。これは運慶作の東大寺南大門にあるというものです。仁王様と言えばボクの場合は、埼玉県飯能市の子の山(ねのやま)の上にある寺を守る二体を真っ先に思い出します。もう何年も行っていないので、どんな姿だったかは忘れかけています…

クラフト紙4枚目(5枚目)

宇治にある平等院鳳凰堂には大きな阿弥陀如来像があるそうです。その光背には雲中供養菩薩像というこぶりの像がちりばめられているとか。フィギュアですね。それらのひとつを描いてみました。雲の上に乗ったお坊さんが、落ちそうになって「おっとっと」とバ…

クラフト紙3枚目

他の紙に描いてみたいと思い、次の2品を調達しました。前回と前々回のクラフト紙は品物を包む紙で、裏側(表側?)がテカテカツルツルの面でした。これに対して、1)は両面とも包み紙とまったく同じ感じの紙でした。2)も両面とも紙のほか、茶色の色が薄く紙が…

クラフト紙2枚目

品物を包むクラフト紙に描く2回目です。白ではなく、あるトーンを持つ紙に黒と白で描こうというわけです。先週はじめて描いてみて、色鉛筆の白がどうにもノリが悪いように思われたので、次の2品を調達しました。 1)三菱 水性ダーマトグラフ 白 2)パイロット …

クラフト紙に描いてみました

品物を包むクラフト紙を少し調達できたので、試しに描いてみました。フランクリン手帳のコンパクトサイズ(と言ってもちょっと大きめです)のリフィルの大きさに切って、これに挟んでおいて、出掛けた先でスケッチするのに使おうという魂胆です。 佐藤忠良と…