読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CBOのスケッチブック

素敵な絵をお届けします

pen & iPad

Rapid Logging

BUJO(Bullet Journal:バレットジャーナル)を始めて一週間ちょっとたちました。Rapid Logging について書きます。 「バレットジャーナル」で画像検索すると、綺麗に色分けなどして書いた手帳のページが並びます。綺麗で結構ですが、ボクの気に入った「Rapi…

BUJO(Bullet Journal)

Bullet Journal(バレットジャーナル、またはブレットジャーナル、或はビュレットジャーナル)というのは、ライダー・キャロルという人が考案した手帳術です。今、あらためて bulletjournal.com を見たら紹介ビデオに日本語の字幕が付いていました。考案者が…

杞憂でありますように

北朝鮮がミサイルを発射したが、直後に爆発したというニュースを見ました。失敗なのか、外的要因なのか知りたいと思いますが、無理でしょうね。それにしても、発射するとは思いませんでした。 どうなんでしょうか?成功するまでやるのでしょうか?成功したら…

ガーニーさんのアプリ

ボクの強くあこがれる画家ジェームズ・ガーニーさんが、アプリを出しました。今日、彼のブログで見て知って、さっそくダウンロードしてしまいました。600円。 ガーニーさんの長年描きためたスケッチブックの中の一冊を、ボクの iPad mini 4 で心ゆくまで見る…

ニコルソン中将

この絵が描けたので、ブログにアップしようと思ったのですが、特に書くことも無いので、しょうがないのでこの絵のことを書きます。これは以前TVのニュースで見て印象に残ったアメリカの軍人さんです。勇ましいですね。 位は中将で、役職は四軍調整官というそ…

暴徒鎮圧つながり

これは昨年の7月に、アメリカはバトンルージュというところで起きたことだそうです。警察の暴徒鎮圧用の装備のものものしさと、女性の立ち姿の対比が際立ちます。 この写真を見ながら描いた絵を、iPadのArtStudioに取り込んで色を付けました。また、遠景は別…

ヒルビリー・エレジー

渡辺由佳里さんのサイト「洋書ファンクラブ」をたまに見ています。今読んでいる”All the Light We Cannot See”も、ここで知りました。 書評の最新版は”Hillbilly Elegy”という作品です。トランプの強い支持層である白人労働者階級「ヒルビリー」を鮮やかに描…

すべての見えない光

8月11日に、欲しいものリストを見たら¥200になっていたので、KindleにDLした”All the Light We Cannot See”を、9月14日から読んでいます。今朝やっと46%まできました。中庭に引き出された罪人に、一人ずつ順番にバケツの水を浴びせる場面です。 ここで、邦…

究極の英単語2

ワンランク上のおっさんを目指して、英語リーディング能力を身につけたいと思っています。まずは語彙。ボキャビルダーでは身に付かなかった単語がいくつあるのか、アルクの「究極の英単語シリーズ」でチェックしています。 レベル ダメな語の数 ————————————…

古代蓮の里2016

先月、行田市の古代蓮の里へ行って撮って来た写真を見ながら描きました。この日は朝からよく晴れて、日なたに居たら頭がクラクラしました。向こうに見えるのは古代蓮会館の展望台です。 ペンで描いたあと、iPadのArtStudioに取り込んで色を付け、背景のレイ…

季節外れの福寿草

今年の2月に埼玉県にある国営武蔵丘陵森林公園へ行って写して来た写真を見ながら、ペンで描き、iPadのArtStudioに取り込んで色をつけた後、奥のレイヤーにBlurをかけてボカシてみました。奥行きというか、立体感が感じられたらおなぐさみです。 今日は、埼玉…

豚の死なない日

今年の1月に買ったKindle Paperwhiteで、4冊目の洋書を読み終わりました。”A Day No Pigs Would Die”(豚の死なない日)です。ペットにした豚のピンキーを、その年の冬の食糧難の為に殺して食べなくてはならない主人公一家。そんな貧しい生活が終わり、豚の…

古代蓮の里2015

昨年7月に、埼玉県行田市にある古代蓮の里を描いたものです。 そういうわけで昨日、図書館で「豚の死んだ日」(ロバート・ニュートン・ペック著、金原瑞人訳)を借りて、とりあえず第8章を読みました。だいたいボクの読んだ通りのことが書いてありました。…

日陰の犬

埼玉県狭山市にある智光山公園のバラ園へ行きました。バラはもう終わりですね。花びらのふちがさびた感じで、匂いもよくわかりませんでした。焼きだんごは良い匂いでした。 この絵は、木漏れ日を描きたいと思って描きました。 Kindleの”A Day No Pigs Would …

Ophelia

Kindle版”Ophelia and the Marvelous Boy”(Karen Foxlee作)を読みました。 主人公のOpheliaは、姉と共に父の出張に連れられてきました。舞台は北欧かどこかの冷たい都市の博物館です。父は古い剣の専門家で、博物館で催しの準備を依頼されたようです。Ophe…

思い出のマーニー

Kindleで”When Marnie Was There”を読み終わったので、DVDを借りて来て「思い出のマーニー」を見ました。見事に映画化されていると思いました。泣けました。 原作では泣けませんでした。まだ、ストーリーを追うのが精一杯のようです。情緒的な部分を味わえる…

おっさんの夜の遠吠え

シネプレックスわかばで「ズートピア」を見てきました。これはキツネのニックと主人公のジュディです。 予想以上に面白い映画でした。もう一回見てもよいくらいです。Dream Ami の歌う主題歌をDLしちゃおうかな… 映画が終わって外に出ると、アイドル候補生の…

解体現場

ボキャビルダーというのは、ネットで取り組む英語の暗記カードです。利用料はひと月4,980円。情報カードの絵柄で出る単語に、自分の答え(和訳、発音)をつぶやき、カードをめくります。すると正解が出るので合っていたら「F」のキーを、間違っていたら「D」…

展望台

昨年夏、埼玉県行田市にある古代蓮の里へ行って、そこの展望台からの眺めを描きました。関東平野を見渡すことができます。これは、iPadのArtStudioというアプリで色を付けたものです。 ところで今日は、埼玉県の中央にある「国営武蔵丘陵森林公園」へ行きま…

さいたま新都心

平日の朝の6:10頃から6:40頃までは日テレの「ZIP」を見ています。昨日の一分動画ショーは「新宿カウボーイ」の二人でした。最後にかました「ゴメンナさいたま新都心」というギャグに、大笑いしたオッサンは多いことでしょう。ボクは、いつか使おうと思ってい…

川の博物館2

埼玉県寄居町(よりいまち)にある川の博物館です。荒川という、秩父の山奥から東京湾へと流れる川にまつわる展示があります。この絵は昨年の夏に撮ってきた写真をもとに描きました。博物館の上が展望台になっていて、そこからの眺めです。 大きな輪は観覧車…

旧あじさい館

埼玉県飯能市にある休暇村奥武蔵という施設です。昨年5月に描きました。以前、あじさい館といった頃、この裏にあるログハウスに泊まったことがあります。 ところで、カツ横流しのニュースを見ていて、ここ壱番屋というところは随分もったいないことをするな…

ベット・ミドラー

モレスキンのスケッチブック小にペンで描いたものを写真に撮って、iPadのお絵描きアプリで色を塗りました。塗り絵の線画を自分で描いたという感じです。 iPad mini 4 の記念すべき一枚めの作品になりました。iPad2を買ってまる4年になるので、ここで買い替え…

どっちが良いかな

先日、職場のおっさん仲間4人ではとバスツアーに行きました。箱根芦ノ湖〜富士山五合目〜忍野八海というコースです。東京駅は丸の内口の南側、はとバス発着場所を7:30に出ました。午前中は青空も出て、芦ノ湖はまずまずでした。でも昼からすっかり曇ってしま…

八幡様の下

昨年3月ころ、西武新宿線の狭山市駅のほど近く、八幡様の下のほうに空き地が出現した時の様子です。七夕通りの一角です。この場所が以前どうなっていたか思い出せません。今はマンションの建設中です。

工事中

2014年3月、JR川越線の川越駅西口は工事中でした。ロータリーの古い舗装を剥がしたとおぼしきものが集められて山になっています。改札口と同じ高さで作った歩行者用通路はほぼ出来ていますが、まだ通れません。 もちろん今は完成して、キレイになっています。